リハビリに強い!老人ホームを選ぶときのポイントを解説

わかりにくい老人ホームのリハビリ

老人ホームへの入居を検討しているときに、リハビリが充実しているかに着眼して選びたいという希望もとても高くなっていますね。 ただ、老人ホームにもさまざまな種類があるためにリハビリが充実しているかどうかというのは、分かりにくさもあり迷ってしまうものです。 入居者の心身の状況次第で、リハビリによって目指したい目標は千差万別。 適切なリハビリが提供されなければ、その目標を目指すことができなくなります。 それほどにリハビリの意義は大きいものとして認識されています。 今回は、リハビリを重視した老人ホームの内容や特徴から選ぶときのポイントについて解説して行きます。

チームケアでリハビリ強化が出来る老人ホーム

老人ホームでもリハビリに強いところでは、介護職員・看護職員・機能訓練指導員・ケアマネージャーが専門分野の知識で入居者にとってより良い意見や相談を行っています。 入居者の心身の状態はそれぞれ異なるので、チームケアによって身体の状態や生活の様子から把握をして必要なリハビリが受けられるようにならなければなりません。 入居者が持っている能力・体力を活かしてできるだけ衰えを防ぐためのケアを提供することを目指しています。

機能訓練指導員のそれぞれの専門分野は?

機能訓練指導員には、以下の6つの資格のいずれかを持っている方がなれます。 それぞれの専門的な知識を活かすことができるわけですね。 機能訓練指導員と案内に記載されているだけの場合には、具体的にどの資格保有者か尋ねておくのも役立ちますよ。

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 看護師(准看護師)
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師

理学療法士、いわゆるPTですが、歩行、座るなどの動作能力を回復したり維持したりするための機能訓練を提供します。 また、入浴やトイレなど日常生活の動作や手工芸、レクリエーションなどの活動を通して、心身のケアを行うのが作業療法士でOTと呼ばれています。 嚥下や誤嚥性肺炎の予防、口腔ケアなどの機能訓練を提供する言語聴覚士で、こちらはSTと呼ばれています。 トータルでリハビリのプランを組める体制であれば、より行き届いたケアが受けられます。

生活の中で行うリハビリも実践

リハビリといえば、一定の時間で行う訓練というイメージもありますね? しかし、老人ホームでは集団で行う体操、グループ分けをした少人数での活動も行っています。 病院で行うリハビリのイメージとはちょっと違うニュアンスもあるかもしれません。 老人ホームならではのお茶の時間を使った脳トレ、ドリル、指先を使ったゲームなども行えます。 生活の中に、こうしたさまざまなリハビリが組み込まれているので、ストイックに行うものという感じではなく暮らしの中に組み込まれて楽しみながら継続できるように工夫されています。

まとめ

老人ホームを選ぶときに、特にリハビリを重視したいと思われるなら、このようなポイントを抑えて情報入手の判断材料にしてみましょう。 リハビリが行なえるとパンフレットに記載されていても、どんな機能訓練指導員が在籍していてどのようなリハビリの種類があるのかも事前にリサーチしておくと、希望に応じた老人ホームを探すのに役立ちます。


▲ページトップに戻る