ギフトに人気の今治謹製と今治タオルの違い

今治マークがついていない!?

ギフトやちょっと良いタオルを使いたいという人に人気の今治タオル。 あの今治マークを付けてさらにブランド化が成功し、人気が爆発しましたね。 昨今、立派な木箱に入った今治タオルをギフトに使う人が多いですが、今治マークがついていないものがあるのをご存じですか。 よく見ると「今治謹製」と書いてあり、今治タオルと違うのでは?と疑ってしまう人もいるでしょう。 今治謹製とは何か、今治タオルとの違いも含めて調査してみたいと思います。

今治謹製も今治タオルのひとつ

今治謹製のタオルはギフトにも最適と、雑誌にも載っていますし、ネットでも良く売れています。 実際百貨店で今治謹製は今治タオルとは違うのか聞いてみましたが、今治タオルには間違いないみたいですので、不安に思っていた方はご安心ください。 今治で作られているタオルでもすべて今治タオルというわけではありませんが、今治謹製は列記とした今治タオルのようですので偽物ではありません。 ですから、5秒ルールの吸水性、脱毛率の低さといった厳しい今治基準はクリアしているわけですね。 今治謹製はわりと最近できたブランドで、その歴史は2004年からと、意外と浅いのです。 とはいっても今治タオルにマークを付け始めるより前に展開されているブランドです。 昨今は今治マークの付いたタオルがたくさん溢れていますから、あえてつけないことで差別化を図っているのかもしれません。 確かに色んなタオルに今治マークがついているので、その価値が若干低くなっている気がするのは私だけでしょうか。

今治タオルは多すぎる

今治タオルを謳っているタオルの中にも、分厚いタオルからぺらっぺらのタオル、生地の感じも全然違う、毛羽が多いタオルもあれば、ほとんどないタオルもあります。 こんなにあると、いざ今治タオルを買おうと思っても、どれを買ってよいかわかりませんし、選びづらくなっているのは事実です。 このようにカオスと化した今治タオルと混同されないように、今治謹製はあえて今治マークを付けていないのでしょう。 とはいっても昨今は今治謹製自体も認知度が向上してきているため、今治マークを付けているものもあるようです。 実際今治謹製のタオルは今治基準をクリアした、高品質のタオルですし、高級感のある木箱に入っていて、贈り物には最適です。 タオル自体も厚手でふっくらしていて気持ちよく、贈ったタオルに喜ばれること請け合いです。 こちらの日織恵(ヒオリエ)というお店は値段も安く、豊富なタオルをそろえていてタオルの購入を検討している人にはおすすめです。

▲ページトップに戻る