ストレートネックは高い枕を使わない方が良い

ストレートネックは枕で治せる?

ストレートネックの人は、枕を使わない方が良いといいます。 もちろん枕なしで寝ることで、ストレートネックが良くなった人もいるでしょう。 しかし一概に枕なしが良いわけではなく、どんな枕が良いかは人それぞれであるようです。 ただひとつだけはっきりしていることがあり、それは高い枕が使わない方が良いようです。

高い枕は首に負担がかかる

高いとは値段ではなく、高さが高いという意味です。 なぜか、高い枕は首にかかる負担がとても大きいからです。 高い枕で寝ると、首が斜めにまっすぐ伸びた状態で寝ることになります。 その結果、ストレートネックになる、あるいはストレートネックが悪化するというわけです。 実際親戚の家に泊まりにいったとき、高さのある枕を使って首が痛くなりました。 個人的には硬い枕でも柔らかい枕でも良いのですが、高い枕は避けるべきだと思います。

高さ調整できる枕が便利

では低い枕なら良いかといえば、先ほども書いたとおり、合う枕は人それぞれだということです。 ですから低い枕から始め、徐々に高さを上げていけばよいのではないでしょうか。 枕の中には、高さ調節の可能な枕もありますし、タオルを敷いて高さを変えてみても良いでしょう。 ちなみに仰向け寝で高さがぴったり合っても、横向き寝だと合わないことも考えられます。 必ず横向きで寝てみて、枕の高さを調整するようにしましょう。 なお、太ったり痩せたり、年を取って骨格が変わると、枕の高さもそれに合わせて変わっていきます。 その都度枕の高さを微調整しながら、自分にフィットする枕にしましょう。 ベストな高さの枕を使えば、肩や首の痛みも軽減、ストレートネックも良くなるかもしれません。 ストレートネックの場合は首の部分が高めで、頭が若干垂れ下がるような枕の方が良いそうです。 首を支える枕を使うことで、自然なS字カーブになり、ストレートネックも改善するというわけです。 自分の場合、タオルを巻いて首の下に敷いたり、色んな枕を試しました。 しかし、ストレートネック対応専用の枕を使った方が、手っ取り早い気はします。 結果、肩こりや首凝りも軽減し、頭痛もなくなった気がします。

ストレートネックで自律神経がおかしくなる!?

ストレートネック、聞きなじみのない方もいるかもしれません。 しかし肩こりや首凝り、頭痛に悩まされているあなた、もしかしたらストレートネックである可能性は十分に考えられます。 ストレートネックになったからといって、すぐさま生活に支障があるわけではありません。 しかし日に日に症状は悪化し、肩こりや首凝りなど、肩回りの痛みや頭痛を引き起こす可能性があります。 そればかりか自律神経もおかしくなり、自律神経失調症になることも考えられるのです。 自分がストレートネックだと気づいたら、あるいはそんな気がするなら、今すぐ治した方が良いでしょう。 上の画像を見てみてください。 首がまっすぐになってしまっているのが分かりますね。 これがストレートネックです。 首というのは、頭を支えるためだけに存在しているのではありません。 神経を通じて、脳と体は信号を送りあっているのですが、この神経の通り道が首なのです。 本体首は緩やかな曲線を描いているのです。 しかし首がまっすぐになることで、首を通るさまざまな神経が圧迫されることが考えられます。 その結果、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症になってしまうというわけです。 病院にいってストレートネックと診断されたとしましょう。 ストレートネックは薬で治るものでもなく、手術をすることもないでしょう。 ストレートネックを治すには整体などに行った方が良いでしょう。 しかし枕を使って、自分で治すこともできます。 私自身も自律神経失調症になったことがありますが、自律神経失調症であると気づくには時間がかかりました。 そもそもどういう病気か知らなかったからです。 以下のような症状に見舞われたら、自律神経が狂っている可能性があります。

  • 動悸、息切れがする
  • めまいや立ちくらみがする
  • 喉に何か詰まっているような違和感を感じる
  • 体がだるい
  • 手足が冷えたり、汗をかく
  • 寝ても寝たりないと感じる
  • 肩こりや首凝りがひどい
  • 頭痛がする

どうでしょうか。 他にも自律神経失調症の症状はありますが、当てはまるようなら疑ってみても良いかもしれません。 ストレートネックを治せば自律神経失調症は必ず治るとはいえません。 しかしもし原因がストレートネックなら、症状が緩和することはあります。 特に猫背気味で姿勢が悪い、うつむいてスマホを見ることが多いという人はストレートネックの可能性が高いです。 枕を見直したり、ストレッチをすることで徐々に改善していきましょう。

▲ページトップに戻る